コピー機をリース

今も昔も大事な書類は紙で作成されたものを使い、紙で印刷した資料を用意する必要があるという企業は多く、業務上スムーズに書類などを用意するためには、コピー機などの機材が必要となります。コピーやプリンターなど、様々な機能を備えた複合機を導入するにはお金がかかるので、大抵の企業はリース業者などからコピー機を借りる形で使用しています。

リースはコピー機を専門に貸出している専門業者と契約を結び、月額料金を支払いながら使用し続けます。コピー機自体は業者の持ち物なので、初期費用をかけずに導入することが出来、面倒な事務処理もまったく必要ありません。更に定期的なメンテナンスやトラブルが起きたときのサポートも行ってくれるので、万が一の自体が起きたときもすぐにトラブルを解消してくれます。

参照リンク→中古コピー機販売・複合機リースのOAランド

コピー機のリースは多くの企業が行っていますが、年間契約と固定金利が基本なので、途中で解約することが出来なかったり、長く使い続けた場合は、購入したほうが安上がりになることもあります。とはいえそこまで長期間使う予定が無かったり、そもそも購入できるだけの予算の余裕があるかどうかも状況によって変わるので、どちらが良いかは、現状を踏まえた上で判断するようにしてください。